クリニック開業に必要な条件と準備期間

クリニックを開業する為に必要な条件

クリニックを開業する為に必要な条件 届出が受理されすれば開業の条件の大半以上が整う一方、クリニックの運営体制が万全と言うには時期尚早です。
開業を予定するクリニックで見込んでいる患者の数が急に増えた結果として、想定する待ち時間が変わることなく受け入れが行えるかに考えを巡らせます。
少数精鋭のクリニックほど急な変化に対応しにくいので、開業前から対策を打ち出す必要があります。効果が早く現れるのは、一人ひとりの患者に対応できる医師の数を増員することです。
膨れ上がる人件費が診療報酬の総額を下回る計算結果が出るなら、存続が危ぶまれる可能性は低いです。増員する余裕がなければ、診察時間を短くできるよう研究を重ねます。
繁忙期には患者と世間話を一切行わないなど、医療行為に必要でない秒数を少しずつ減らします。患者の病状と向き合う時間だけは、余裕を持ち早足にならないように調節することが大事です。
誠実な医師としての威厳が崩れてしまいますし、正しい診察結果を出す集中力に影響します。医療行為に真剣でない印象を患者が受けると、開業したばかりの場所を好む人でも他へ移りかねません。
消去法で重視するべき事柄を浮き彫りにすると、準備期間中に起こりがちな間違いが少ないです。

クリニックを開業する迄に必要な準備期間

クリニックを開業する迄に必要な準備期間 クリニックを開業するする際には、新規に土地を探し戸建てにする場合や既にあるクリニックの継承で改装せずそのまま開業する場合など、形態や状況により必要な準備期間は違ってきます。
一応の目安として、一戸建てでの場合で、土地が決まっていない時で1年6ヶ月以上、土地が決まっていれば1年~1年6ヶ月程度が目安で、テナント開業の場合は候補地が決まっていない場合は1年程度、候補地が既にあるということであれば半年~1年の期間が目安となります。
なお、この開院までの準備期間において最初にして最も重要なことは「経営理念」と「診療方針」の決定で、特に経営成功のカギは「経営理念」にあると言っても過言ではありません。
「釈迦に説法」かもしれませんが、そもそも開業医とは、自らがクリニックを経営主体となることであり、その経営するクリニックの「医療の担い手」であると同時に経営に関する全責任と権限があることへの自覚が必要です。
高名な経営者であっても創業時は、青雲の志と理念を抱いて至ればこそ成功者への偉大な一歩を踏み出して行けたことになります。
このあとの準備である「事業計画の策定」や「資金調達」も大変で重要ですが、偉業で高名な経営者もその成功の源は、創業を志した第一歩である「理念」にあったのです。

「開業支援」関連リンク

初期費用を気にせずに理想の医院開業が実現できる開業支援会社のサイト

クリニック 開業