開業物件を選ぶポイント

クリニック開業後に患者数を増やす方法

クリニック開業後に患者数を増やす方法 開業からの診察経験にともない患者数が増えていくセオリーは、ときとして逆のクリニックもあります。
クリニックの患者数が多くならないときは、開業時から貫き通している考え方を見直すべきと受け止めるべきです。
患者数を開業後から継続的に増加させるためには、クリニックから退出する場合に手間をかける必要があります。受診者を遠方からも呼び込む場合、知人からの声賭けが功を奏します。
受付担当者が優しく接するほど、再び同じ医療機関へ足を運ぶ動機が強まります。結果として利用者の心が満足感に溢れて知人にドクターの情報などを語りますから、新たに来院する人が目に見えて増える場合がしばしばです。
医療行為の質が高いことはもちろんですが、受付場所で対応する人の優しさも大切な要素です。積極的な呼び込みは、余剰人員が確保できてこそ成り立ちます。
少数精鋭で運営するのが精一杯な序盤においては、一人ずつが患者に好意的な対応するのが正攻法です。

開業物件を選ぶポイント

開業物件を選ぶポイント 医学部を卒業し、晴れて医師の免許を手に入れた人の中には、最初のうちは研修をした病院などで勤務医として働くというドクターも多いと言います。
しかし、やはりいつかは自分のクリニックなどを開業したいと夢みる先生も少なくありません。
そのような場合には、クリニックの立地条件や環境などについてポイントを押さえたうえで、物件探しをすることが大切です。
いかに腕の良い先生だったとしても、あまりにもへき地にあるクリニックであれば、患者さんに知ってもらう事も難しくなりますし、交通の便が悪いようなところなら、お年寄りなどが電車を乗り継いで来院するというような場合に、どうしても難しいという事になりかねません。
あまり中心部にある物件なら、家賃が高くて厳しいという事もありますが、同じような開業医が集まっているメディカルビルディングなどであれば、他の診療科で訪れる患者さんからの需要も高くなるので、患者さんが集まりやすいというメリットがあります。