開業物件を選ぶポイント

クリニックの開業資金は多額に

クリニックの開業資金は多額に クリニックを開業する際には、できるだけ開業資金は潤沢に準備しておくことが大切です。
もちろんクリニックを開く際の資金には限りがあることがほとんどですが、実際に診察を始めた後になって後悔することがないようにするには、資金計画に余裕を持っておくことが大切だと言えます。
たとえば導入する機器類や設備などは、費用を節減したことが後になって後悔の原因になることが多いもののひとつです。
短期間で買い直したり、改修工事を行うことは現実的ではありません。
決断を下したときは費用を節減したつもりであったとしても、長い目で見てみれば十分な投資を行っておく必要があったということは、決して珍しいことではありません。
また会員のための準備を進める家に、予想していなかった費用が発生することは多く、その意味でも資金に余裕が必要なことは明らかです。
そのためクリニックを開業する際には、必要な箇所に十分な資金を投入することが出来るよう、できるだけ多額に資金を準備しておくことが大切だといえるでしょう。

クリニック開業時に必要な道具の平均費用

クリニック開業時に必要な道具の平均費用 クリニックを開業するときに必ず必要なものは、備。

と医療機器です。
このうち備品は待合ソファーや診察用のいす・机などでそれほど費用は掛からず200万円程度で済みます。
費用が高額となるのは医療機器で、その額の多寡が開業前に必要な資金の目安となります。
医療機器はクリニックの平均で2000万円程度かかります。
たとえば一般内科の場合、撮影装置に200万円、電子内視鏡システムに700万円、CRモニターに200万円、超音波画像診断装置に300万円、電子カルテに300万円、ピンセットなどの器具に100万円、各種器具の洗浄機200万円かかり、合計で2000万円となります。
こういった費用を抑えようと思った時は人脈が重要となります。
メーカーの方やその方と懇意にしているドクターと仲良くなり、紹介してもらうことで道具は安くなります。
それ以外にも開業支援団体や行政からの支援を受けることで、クリニックが負う金銭的負担を軽くすることが考えられます。