クリニック開業の届出手続きと注意

クリニック開業に大切な届出手続き

クリニック開業に大切な届出手続き 診療所すなわちクリニック開業に必要な手続きは、そもそも診療所をやって良いかどうかの申請が必須です。
その申請が通るのとほぼ同時期に、保険診療が可能かどうかの申請を行います。
これは厚生労働省及び都道府県の担当課が合同で対応をするものであり、この審査が通らなければ患者が健康保険証を使用して治療を受けられなくなります。
すなわち、園医療機関での治療が全額自己負担になってしまうものです。こうなると通常患者は受診しませんので、程なく廃院と言うことになりかねません。
クリニックでは、医療機関としての開業と保険医療機関としての認可申請の両方を行うことが必須で、その他の事柄は他の法人などと同様です。
ただし、クリニックの運営母体が医療法人の場合は、医療法人の認可を行う関係もあるため、さらに時間を要することとなります。
都道府県を複数にまたがる場合は厚生労働省へ、1カ所だけの場合は都道府県に対して申請を行って、許可を受ける流れです。

クリニック開業を考えた際に注意すべき事

クリニック開業を考えた際に注意すべき事 病院勤務を続ける医師の中には、密かに独立開業を夢見る人々が少なからずいるはずです。一国一城の主となり、クリニックを新しい土地に開き、傷ついた人々のケアをしたい、それは医師なら誰もが志す夢になります。
実際に都会の病院勤務を経て、地元にクリニックを開業する医師の姿もあります。
医療施設がそもそも充実していない地域に開業すれば、多くの地元の人々から感謝されるでしょう。
ただ、一方で独立する前に考えておきたい事項があります。語弊のある表現ですが、クリニックを開く上で、いわゆる市場調査は必須です。
病院はボランティア活動ではありませんので、運営する以上、資金が要ります。資金とは地元の人々が支払う医療費であり、需要が高い土地にクリニックを開けば順風満帆に医療サービスが提供出来ます。
一方で既に競合する医療施設が近場に隣接している場合は、注意が要ります。医療施設はコンビニではありませんが、側に競合する施設があると互いに需要を食い合う形となり、双方に損する恐れが出てきます。
新規独立を検討中の方は、開く土地の市場調査を進め、競合する施設の有無をよくリサーチしましょう。